• 子供の短所を直したければ、まずは良いところをほめましょう
    関東自立就労支援センター http://shuroushien.com/ 不登校の子供たちの多くは、不登校になる前は、「親や教師の言うことをよく聞く、とても良い子」だった傾向があります。 親は、子供が「社会に出て行くときには、人さまにご迷惑がかからないようにしつけておきたい」と願い、将来「自立できるように、問題点は今のうちに直しておきたい」と考えています。 また、多くの教師は、子供が進学したり社会参加していく上で困らない...
  • 誰かと比較することそのものが、子供を傷つける
    関東自立就労支援センターhttp://shuroushien.com/ 私たち親の世代は、幼いころから比較をされて育ってきていますから、「比べない」という感覚はわかりにくいかもしれません。人と比べてみて自分が無難なところにいれば、安心します。 しかしそれは基準が自分ではなく、不確定要素の多い他人にあることになります。考えてみてください。生まれた時から全く別の人間なのですから、違っていて当たり前です。比較することには、...
  • 親にできるのは、子供の好奇心の赴くまま、熱意の続くままに見守ること
    関東自立就労支援センター http://shuroushien.com/ 砂場遊び、ブロック、図鑑を見る、お絵かき・・・・・・・好奇心旺盛な子供は、次々といろんな遊びに手を出していきますが、時々一つのことに興味が持続する時があります。 集中力の成長の始まりです。呼びかけても「待って」と言って満足を得るまで続けたがります。そんな時に、こんな言葉をかける親がいます。「違う遊びにしなさい」「そんなの面白くないでしょう」・・・・...
  • 子育てについて~成功した状態をイメージさせる~
    関東自立就労支援センターhttp://shuroushien.com/ 水のはいったコップを「こぼさないで運んでね」と言われると、だんだん手が震えてこぼしてしまう・・・・・・・大人でも経験するかもしれません。子供ならなおさらのことです。 なぜこぼさないようにと言われると、かえってこぼしてしまうのでしょうか?それは「こぼさないでね」という言葉が、こぼす状態をイメージさせてしまうからです。 人間は、潜在意識の通りに動きま...
  • 幼少のころからの積み重ねで子供の主体性を育む
    関東自立就労支援センターhttp://shuroushien.com/ 人生のかじ取りをするのは自分です。親の指示や命令に従って育った人は、自分の人生に責任を持てず、思わしくないことを、すぐに他人のせいにしがちであるように感じます。 自分で選んだり決めたりする習慣を身につけていれば、自分の選択で人生を生きている実感が得られ、自信がつきます。いやな出来事も他人のせいにせず、自分の人生に責任を持てる人間に育ちます。 小さ...